過去をひたすら振り返るだけのブログ

小学校6年生の時から毎日日記をつけています。26歳になった今、14年間を振り返って何を思うのか。「こんな人もいるんだなー」という目線で読んで、「自分はこうだったなー」という感想をお待ちしています。

2016.11 ~先行投資~

"今回のボスキャリ、面接練習できたし、体力ついたし、

人混みにも慣れたし、本当に来て良かった。

就活楽しめそうな予感!(2016.11.19)"

 

ボスキャリ(ボストンキャリアフォーラム)とは、毎年11月末に行われる、

アメリカ留学生を対象にしたキャリアフォーラムです。

3日間に渡り、説明会や面接が行われ、

早ければこの3日以内に内定が出ることもあります。

 

私は2016年11月時点では日本にいたのですが、

留学経験がある=ボスキャリの参加資格はあるため、

日本からわざわざボストンに行きました(笑)

 

時差がある中で面接を受けたり、

ホテルでESを修正したり、

体力的には結構大変だったのですが、

日記に書いたとおり参加してよかったなと思いました。

 

私は日本から行った組だったので、

最初はそもそも行くかどうかも迷っていました。

するとゼミの先輩(ボスキャリに日本から行った人)から、

日本から行く場合飛行機代や、ホテル代がかかるため

行かない選択をする人もいるけれど、

この15~20万は初任給で絶対返せるから、

親に借りて行くのも悪くない、と言われました。

 

確かにそうだなと思い、行くことを決めてからは

ESを何度も修正し完成させ、

面接準備や業界研究にも力を入れました。

11月末にボスキャリが開催されるので、

準備は10月にはスタートさせていました。

 

ここでESをほぼ完成させていたため、

本番の就活スタート時点(翌年の3月)では

ESを新たに書く必要はありませんでした。

スーツで1日中いることも慣れていたので、

気持ちだけでもリラックスできました。

 

ボスキャリの期間中は内定が出なかったのですが、

日本に戻ってきてから何度か面接をし、

12月中にはいくつか内定を持っていました。

なので、3月スタートの本番では、本当に興味のあるところに絞って

就活を進められたのもよかったです。

 

この5月から私はアメリカの大学院で2年間勉強しますが、

学費&生活費がとても高く、修了直後は貯金が0(むしろマイナス)に

なっているはずです。

金銭面でとても怖い部分はありますが、

これは先行投資、数年後にはこれまでの3倍儲ける!

という意気込みで挑戦するつもりです。

 

先陣を切ってアメリカに渡った人達の言葉を信じて、

チャレンジしたいと思います。

 

to be continued...