過去をひたすら振り返るだけのブログ

小学校6年生の時から毎日日記をつけています。26歳になった今、14年間を振り返って何を思うのか。「こんな人もいるんだなー」という目線で読んで、「自分はこうだったなー」という感想をお待ちしています。

ちょこっと休憩

この日記を振り返るブログは、

これにて一旦更新をストップします。

 

今も毎日日記をつけているので、

また10年くらい経ったら、

振り返ることを再開したいと思います。

 

なかなかこれまで機会がなく、

読み返されることのなかった日記ですが、

1ヶ月毎に記事にまとめてみよう、と思い立ち

このブログを始めました。

気分としては、1人でタイムカプセルを

開けている感じでした(笑)

 

小学生の時は、こんなことでも新しい発見だったんだなとか、

中学生の時は、こんな小さなことで悩んでたんだなとか、

高校生の時は、実は自分よく頑張ったんじゃないかとか、

大学生の時は、自分もうちょっとしっかりしなさいよ!

と思いました。

 

ただ年齢を重ね、経験が増え、見た目も変化しましたが、

根本的な考え方、性格は良くも悪くも

そこまで変わっていない気がしました(笑)

 

そして、その時は大失敗と思っていたことも、

数年経てば笑い話になるものですね。

 

人生はコンテンツ。

ラクルやトラブルがあった方が、

絶対面白いと思うのです。

 

素直さと、根拠のない自信をもって

これからも色々なことに手をだし、

冷や汗をかき、うれし涙を流していきたいと思います。

 

このブログは一旦ストップしますが、

Youtubeで引き続き自分の人生を

形に残していく予定です!

 

お時間ある方は、ぜひ遊びに来てください↓↓

Cindyシンディー - YouTube

 

To be continued...

2018.3 ~卒業式~

"とうとう卒業式(T_T)

学位Getしてから、写真の嵐(笑)

自分こんなに友達いたんだ、泣いた(2018.3.26)"

 

4年間の早稲田生活と、16年の学生生活が

この日をもって、終わりました。

卒業式の日は天気も良く、袴もお気に入りのものを着ることができ、

とてもHappyな1日となりました。

 

早稲田での4年間を振り返ると、

こんな感じです↓

 

1年生:ESSのサークル、バトンサークル

2年生:アメリカ留学

3年生:アメリカでのインターンシップボストンキャリアフォーラムの参加

4年生:就活、ゼミ、ひたすら旅行

 

The大学生って感じですね(笑)

在学中は、高校でアメリカに行った後、

そのままアメリカの大学に進学すればよかったなとか、

他の大学に行ってたらどうだったかなと思うことが

多々ありました。

 

早稲田でよかったなと思えたのは、

私の場合社会人になってからです(笑)

 

でも振り返ってみると、大学生らしいことを

一通り経験した気がします。

荒れるサークルの合宿や、

広大なキャンパスで勉強した1年間の留学、

説明会をはしごしまくる就活、

そして時間を贅沢に使った卒業旅行。

 

大学で出会えた友達、教授、海外の知り合い、

全ての経験が今の自分を形作っています。

 

これにて、学生生活が終了!

これからもこの経験と、繋がりを大切に。

 

f:id:peachtreecity:20210515110907j:plain

お世話になった、早稲田大学の11号館

 

to be continued...

2018.2 ~旅先での出会い~

"ドゥオーモのミュージアムに並んでる時、

後ろにいたイギリス人夫婦と話しして、盛り上がった!(2018.2.10)"

 

卒業旅行第二弾は、Nちゃんとイタリアに行きました。

ホテル+航空券のパックに入っていたので、

ローマ、フィレンツェヴェネチア、ミラノの

4都市をまわりました。

 

旅先って、色んな出会いがありますよね。

この日は、ドゥオーモに入るのに並んでいた時、

後ろのイギリス人夫婦と話をしました。

ちょうどNちゃんがイギリスで昔住んでいた場所と、

彼らの住んでいる街が近かったらしく、

地元トークで盛り上がりました。

旅先だと、なんとなく気軽に誰かに話しかけちゃえますよね。

 

別の日ですが、ボストンに旅行に行き、

公園を歩いていたら、

外人の女性に日本語で話しかけられたことがあります。

なんでもその方は報道関連の仕事をしており、

日本に数年駐在した経験があるとのことです。

そして旦那さんはなんとハーバードで教授をしているとか!

キレイな日本語をしゃべる方で、

とっても印象に残りました。

 

出会いっていつ、どこで、どう起こるかわかりません。

でもありがたいことに、今はSNSが発達しており、

その場で連絡先を交換すれば、

数年経っても、気軽に「私のこと覚えてる?」

なんてコミュニケーションをとることができます。

 

SNSを使えば、人脈を広げることもできるし、

何かの時に支えになります。

 

これからも色々な形でコミュニケーションをとり、

自分の視野を広げたり、

多様な価値観に触れたりしたいなと思いました。

 

f:id:peachtreecity:20210515104557j:plain

ワインを飲み過ぎて、酔っちゃった人のオブジェ(笑)

 to be continued...

2018.1 ~Trip to Portugal~

"成田空港で周りの学生とかは友達といるのに、

自分は1人でわけわかんないくらい寂しくなった(笑)

思ったことは、この日記かノートに書こう(笑)(2018.1.30)"

 

卒業旅行第一弾は、ポルトガルへの1人旅でした。

1人で海外の街をウロウロすることはたまにあるのですが、

1週間、ヨーロッパを1人で旅をするのは、これが初めてです。

成田空港で飛行機を待っている間に、

もう寂しくなっているみたいです(笑)

 

一人旅って、メリットとデメリットがあります。

個人的には一人旅をしたら、次の旅行は友達と。

自分の時間が欲しくなったらまた一人旅、と

交互に行っている気がします。

 

【一人旅メリット】

・自分の好きなところに、好きなだけいれる

私は主に古着屋さん、スーパー、本屋さんに寄りがち。

 

・自分と向き合う時間がある

黙々と歩いたり、ぼーっとしたり、話す相手は常に自分(笑)

自分と話すのが得意な人は、

一人旅が向いているかもしれません。

 

【一人旅デメリット】

・荷物見張ってて!と言える相手がいない

故に、少し緊張感を持って行動する必要あります。

 

・夜出歩けない、レストランに行かない

夜出歩くのは治安的に少し心配なのと、

レストランに一人で入るなら、スーパーでサラダやお酒を買って

ホテルで済ませてしまう私。

コスパはよいけど、せっかくならレストランにも行きたいですよね。

 

一週間あったので、ポルトガルでは色々なところに行きました。

ポルトリスボン、コスタノバ、シントロ、アヴェイロ...

 

どこも時間がゆったりと流れていて、

人々はニコニコしていて、

食べ物は日本人の口に合うし、

スイーツは美味しいし、安い!

治安もよく、ポルトガルは本当に素敵な街でした。

 

出発前は、一人だ~と思っていましたが、

ポルトガルではお店の人等、

周りの人とのコミュニケーションがたくさんあり、

なんだか一人ではない気分になりました。

雰囲気も、気候そのものも、とても暖かい国でした。

 

色々な国旅行をしましたが、

ポルトガルはお勧めしたい国3本指の中に入ります。

 

野良犬に追いかけられたり、

くねくね道を行くバスに酔ったり、

オーダーしたヨーグルトがカビてたり、

ハプニングももちろんあったのですが、

それはご愛敬(笑)

 

ヨーロッパ大陸の最西端にある国ということで、

日本からなかなか行く機会はないかもしれませんが、

とても温かく、Happyに包まれた街なので、

ぜひ一度訪れてみてください。

 

f:id:peachtreecity:20210510215820j:plain

ポルトガルといえば、オレンジ屋根の建物。

 

to be continued...

 

2017.12 ~ジムがないと、ムリなのです~

"午前中にバイトして、そのまま早稲田行って、図書館行って、

ジム(笑)女子他にもいた、よかった(笑)(2017.12.24)"

 

クリスマスイブに何をしてるんでしょう、私は。

良いんです、彼氏にはしっかり25日に会っているので。

とにかく、この年のクリスマスイブは、

大学のジムに行っていました。充実!

 

年末年始はジムが閉まってしまうところ、多いですよね。

例に漏れず、私もジム難民になります。

コロナでジムが休館になった時は、

本当に取り乱しました(笑)

 

ジムには週2-3回通う習慣になっていて、

これがないとうずうずするのです。

家でYoutubeを見て筋トレをすることを試みるも、

やはりジムで身体を動かすのとは違いますよね。

 

ジムに行くと、一人の時間を作ることができるので、

ぼーっとしたり、考え事をするのにちょうどいいのです。

仕事の疲れを取るもよし、休みの計画を立てるもよし、

音楽を聴いてリフレッシュするもよし、

動画を見て情報収集をするもよし。

 

運動する時間はいくつになっても確保し続けたいものです。

 

to be continued...

2017.11 ~配属面談~

"配属面談で何て言うか考えないとだ~(2017.11.30)"

 

12月に行われる新入社員を対象とした配属面談。

実際の面談では色々なことを聞かれました。

ただ、最終的に「どの部署でもいいです」と

言うように誘導するところに、商社っぽさが出ています。

これぞ、配属リスク(笑)

 

質問としては、

お酒はどれくらい飲める?

男性、女性、どちらと一緒の方が働き易い?

どんな分野に興味がある?

ヘルメットかぶれる?等聞かれました。

 

当時は確か、お客さんが使っているところが見える商材が良い、

飲み会は3回に1回くらいしか行きたくない、

鉱山に行ってヘルメットをかぶるのが商社というイメージ、等

内定が決まった今、本当に好き勝手言っていました(笑)

 

そして配属された先は不動産部門の

商業施設事業部。

イメージとしては、ららぽーと等の郊外型ショッピングセンターの

開発、管理、運営等をする部署です。

商社にそんな部署もあったのか...というのが最初の印象でした。

 

仕事自体は商社の中でも珍しく消費者が見えるものだったので、

楽しかったです。

配属面談の希望通りでした。

ただ、国内の施設担当だったので

どうしても英語を使いたい、海外駐在をしたいという

就活時の目的を達成するには時間がかかりそうだったので、

この会社は2.5年で退職します。

 

いずれにせよ、新卒で大きな組織の歯車として

がむしゃらに2.5年を過ごすことができ、とても良い経験になりました。

配属面談にしろ、仕事中の意見にしろ、

自分らしさを忘れずに、言いたいことははっきりと言ってよかったです。

言わないで後悔する方がもったいないですし(笑)

 

3年半ぶりに当時を振り返り、

フレッシュだった頃の自分を思い出しました!

 

to be continued...

 

 

2017.10 ~飲み会における省エネ~

"今日は内定式2日目!飲み会は面倒だから断ったら、

省エネだねって言われた(笑)(2017.10.2)"

 

 

私の会社は飲みが好きな人がとにかく多い。

商社という仕事柄もあるし、

私も嫌いではない方ですが、

この日は昨日も飲んだからもういいや、という感じで

断ったみたいです(笑)

省エネとはよく言ったもんだ...

 

言い訳(?)をすると、私は飲み過ぎると眠くなるタイプなので、

皆に迷惑をかける前に自主規制をしているだけなのです。

 

コロナで最近は打ち上げや、歓送会が

全くなくなってしまいましたよね。

オンライン飲みが一時期流行ったものの、

やはり対面で飲みにケーションを行うのとは違う気がします。

 

残業後、終電までの一杯!!といって上司に奢ってもらったり、

そこで仕事以外の話をすることで、

明日からも頑張るかぁ~と思ったものです。

嗚呼、サラリーマン... 早くコロナがおさまってほしいものです。

 

to be continued...