過去をひたすら振り返るだけのブログ

小学校6年生の時から毎日日記をつけています。26歳になった今、14年間を振り返って何を思うのか。「こんな人もいるんだなー」という目線で読んで、「自分はこうだったなー」という感想をお待ちしています。

2012.6 ~進路について~

"大学どうしよう~ぐるぐるぐるぐる

もう考えるのやめたいorz(2012.6.5)"

 

高校生活も残り1年。

この頃から日本の大学に行くか、

アメリカの大学に行くか、服飾の専門学校に行くか、等

将来を考えるようになりました。

 

せっかくアメリカにいるし、英語も少しできるようになってきたので、

アメリカの大学にチャレンジするのもありかなと思っていたのですが、

父の帰国が決まっていたので、1人残って、寮に入って...と考えると

不安がありました。

 

専門学校というのは、完全にその時読んでいた

パラキスと、ご近所物語(両方とも矢沢あい先生♥)の

マイバイブルから影響を受けています(笑)

服も、服作りも、服を着てHappyになる気持ちも好きだったので、

向いてなくはないと思うのです。

 

日本の服飾専門学校でもいいし、アメリカのArt系の学校でもいいし、

とにかく枠に捕らわれないで自分の好きなことを突き詰める、

という生き方に憧れもあったんだと思います。

結局この選択肢は取らないことになるのですが...

 

最終的には日本の大学を目指すことになります。

数年英語の環境にいて、

心身共に疲れてきたというのが本音です。

あとは、サークルやアルバイト等、

日本の大学生らしいことをしたいという気持ちもありました。

 

早稲田大学国際教養学部に進学し、

1年間またアメリカに留学することになるので、

ある意味両方取ることができました。

 

早稲田では英語会(WESS)に所属し、

ザ・サークルの雰囲気も味わえたので大満足です(笑)

 

ちなみに何かを決断する時、私は考えすぎて決められなくて

「もう諦めたいwww」とよくなります(笑)

でもこれって実は良い合図なのです。

これ以上選択肢ないよ、後は天秤にかけて消去法で選ぶだけだよ、

と言われている気がします。

そして、この段階で既に自分の中で答えが出ているんですね。

 

人生で決断をする時ってとっても労力がいります。

でも考えるプロセスさえも楽しんだもの勝ちなのです。

 

いつもこの考えを頭の片隅に、

その時その時の最善を選んでいきたいなと思います。

 

to be continued...