過去をひたすら振り返るだけのブログ

小学校6年生の時から毎日日記をつけています。25歳になった今、13年間を振り返って何を思うのか。「こんな人もいるんだなー」という目線で読んで、「自分はこうだったなー」という感想をお待ちしています。

2007.3 〜集まれ、ちゃおっこ!〜

"今日は整理整頓して、今までのちゃお全部捨てた~泣 (2007.3.25)"

 

月間漫画って色々あるけれど、私はちゃおっこでした。

毎月、親友とSATY(今はイオン)の本屋でちゃおを買って、

エスカレーター横の椅子で夢中になって読んだものです。

 

買ったそばから、まずは今月の付録を開封

コスメとか、缶ペンケースとか、ネックレスとかがまた可愛いんです。

 

次に応募者大サービスをチェック。

システム手帳と、ポーチ系は必ずおねだりしていました。。

 

そしてやっと本誌に突入。

勿体ながりな私は、いつも気になる漫画と、そうでもない漫画を交互に読んで、

倍の時間、ちゃおを楽しんでいる気分になっていました。(単純)

 

お気に入りはドクターリンに聞いてみて、ミルモでポン!ぷくぷく天然かいらんばん、こっちむいてみい子、等々。

この辺りは、DSのゲームも持ってたかも(笑)

 

友達とドクターリンごっこをしたり(どうやって?)、

中学に行ったらキス・キスに出てくるような

イケメンがいると妄想したり(妄想で終わった)、

漫画を描く練習をしたり(顔の2/3は目、みたいな絵)。

 

とにかく、ちゃおにはいろんな楽しみ方があるのです。

 

ついでにいうと、この記事を書くにあたって、

久々に「ちゃお 2000年代」とか、「ちゃお 2000年代 付録」とか検索して、

懐かしみが止まりませんでした。

これもある意味ちゃおの楽しみ方の一つかもしれませんね。

 

小学生の思い出から、ちゃおは外せません。

小学生の自分にキラキラを与えてくれてありがとう~~

ちゃおっこ魂が蘇る、そんな内容の日記でしたとさ。

 

f:id:peachtreecity:20200706205020j:plain

久しぶりに描いたミルモ。これなら著作権にひっかかる心配はなさそうだ。。

to be continued...